アスクルエージェントとは?

アスクルは独自のエージェント制度を実現しました。

「機能主義」という流通のリデザインの中で、最も特徴的なのがエージェント制度です。

エージェントの役割は新しいお客様の開拓と債権管理、代金の回収です。

それ以外のカタログ発送、ご注文受付、配送、お問い合わせ対応などはすべてアスクルが行います。
それぞれが「営業」や「在庫管理」などを重複して行なうのではなく、

流通にとって必要不可欠な機能をエージェントと分担することで、流通システムの簡素化を実現しました。
お客様とアスクルを結んでいるのは、全国各地のエージェントなのです。